管理部門・バックオフィスのお役立ち情報メディア

法務における「戦略」とは?戦略法務の役割や法務体制構築における戦略の立て方を徹底解説

会員限定
お気に入りに追加
お気に入りに追加
会員の方のみご利用になれます。
お気に入りに追加した記事は、
マイページに一覧で保存できます。
法務における「戦略」とは?戦略法務の役割や法務体制構築における戦略の立て方を徹底解説

法務には様々な役割、機能があります。その中でも、戦略法務の重要性が高まっています。

それと同時に、法務をどのように経営・事業戦略の中に据えるかといった観点もまた、法務体制の戦略構築という意味でポイントとなります。

本記事では、企業の法務における「戦略」について、戦略法務とは何か、企業経営において向き合うべき法務とその効果的な活用のための戦略について解説します。

本記事のポイント

  • 法務における「戦略」との向き合い方は企業経営の現場において多岐にわたるが、臨床法務や予防法務など法務の視点にとどまらず、事業サイドの視点を効果的に反映する戦略法務が重要視されている。
  • 法務の戦略構築においては、人の扱い方も重要であると同時に、AIとの向き合い方も重要である。人がフォーカスすべき未知の課題に対する解決策の検討・立案に対して、AIによってその前提となる問題点の整理や論点抽出によって、法務の体制構築が可能となる。
  • 法務において、リスクとリターンの全体最適を図る意識が重要である。マイナスをなくすようなリーガルリスクマネジメントでは不十分であり、それを前提とした解決策の提示が求められる。

法務・コンプライアンス・知財の求人

法務における「戦略」の意義

経営においても法務においても、「戦略」という言葉は様々な意味合いで用いられます。法務における「戦略」にはどのような意味合いがあるでしょうか。

戦略法務

まず、戦略法務という法務業務の中のカテゴリーがあります。

法務の様々な機能を端的に3つに区別したものですが、経営における法的な観点でのリスク管理のあり方を整理したものとして捉えることもできます。

詳細は後述します。

法務を実装していく戦略

事業において法務を実装していくための「戦略」という意味合いも重要です。

事業を運営していく中で、ルールは社会の中で守るべきものでありながら、法的な思考や見方をもとにルールを使って市場を掌握したり、経営資産を拡大したり競争力を高めるためのツールとして機能する側面もあります。

そうした事業におけるルールと適切に向き合い自在に活用していくために、法務を戦略的に実装していくことが重要です。

法務で事業を推進していく戦略

さらに、法務を実装した上で事業を推進していくための位置づけを与えることも重要です。

法務が企業の一部門として法的なことに関する窓口として機能しているだけでは、競争力強化において十分ではありません。

商品やサービスを通じた市場形成によって、人やモノの動きが生まれます。それによって当然にルールを形作り、活用していく必要性が生じます。

こうした意味で、事業を推進していくためには法務が経営そのものと一体化していることが重要であると考えられます。

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。