管理部門・バックオフィスのお役立ち情報メディア

【比較】管理部門に強い転職エージェントおすすめ16社を徹底解説!選び方・転職成功のコツまで

お気に入りに追加
お気に入りに追加
会員の方のみご利用になれます。
お気に入りに追加した記事は、
マイページに一覧で保存できます。
【比較】管理部門に強い転職エージェントおすすめ16社を徹底解説!選び方・転職成功のコツまで
本コンテンツには、紹介している商品(商材)の広告(リンク)を含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

最近では大手の総合型転職エージェント(全職種対応型)、だけではなく、管理部門の転職に特化した転職支援サービスは複数社存在します。どのエージェント・サイトを選べばよいのか、そもそも総合型と特化型はどちらがよいのか、迷う方も多いことでしょう。

デジタル化やグローバル化などビジネス環境が大きく変化する中で、優秀な管理部門人材は企業から高いニーズがあります。

転職を検討中の方にとっては、自分の希望に合った転職先に出会えるチャンスが広がっているといえるでしょう。

ただし管理部門の求人は競争倍率が高いため、転職エージェントのサポートが必須です。

以下では、おすすめポイント別に管理部門特化の転職エージェントを16社ご紹介。管理部門の転職におすすめの転職エージェントや活用のポイントも解説し、あわせて転職で評価されるスキルや経験、転職成功のポイントも解説します。

目次

管理部門の転職に強い転職エージェント16社一覧

管理部門の転職サポートに強い転職エージェントを一覧化しました。

サービス名 特徴 特に強い職種
BEET-AGENT 年収600万円以上を目指す方におすすめ。管理部門を熟知するアドザイバーが在籍しているため、初めての転職でも安心の対応力。 経理・財務・人事労務
法務・内部監査
MS Agent 管理部門特化型では最大規模の求人数。転職支援の実績も豊富。 経理・財務・人事労務
SYNCA 直応募・スカウト・エージェントサービスから選べる。 人事労務・経理・財務
総務
NO-LIMIT 弁護士の、インハウスローヤーや法務・管理部門統括への転職支援実績が豊富。 弁護士・法務
法務求人.jp 法務・知財・総務職におすすめ。 法務・知財
ビズリーチ スカウト型の最大手。有料サービスを使うことで転職スピード・成功率アップ。 経理・財務・法務
他営業職・マーケティグ等
Hupro 早期転職ならここ。会計領域の専門家など、有資格者にも強い。 会計・税務・経理
人事の転職 企業との太いパイプを持つ、人事専門の転職エージェント。 人事・労務
ジャスネットキャリア 「会計、税務、経理、財務分野」に特化した転職エージェントとして20年以上の運用実績。 会計、税務、経理
財務分野
リクルートダイレクトスカウト 業界大手のリクルートが運営。企業規模や年収にこだわるならここ。 経理・財務・法務
内部監査
ハイスタ会計士 公認会計士の、経理・CFOポジションへの転職支援に強み。 会計士・税理士・経理
財務・CFO候補
リクルートエージェント 総合型転職エージェント大手。求人数・支援サービスの充実度に定評があり。 経理・財務・人事
パソナキャリア 年収800万円以上のハイクラス求人を多く取り扱い、年収アップ率が高い。 経理・人事・IR
JACリクルートメント ハイクラス向けの転職支援に強み。外資系・日系大手の求人多数。 外資法務・経理・財務
doda 【経験1年程度向け】求人の雇用形態が多様で、件数が多い。サイトに転職のお役立ち情報を多数掲載。 経理事務・人事・総務・労務
マイナビエージェント 20代・第二新卒メインの若手人材向け。 経理・人事・広報

【徹底比較】管理部門の転職におすすめの転職エージェント16社

早速、管理部門の転職支援に特化した転職エージェントを16社紹介します。

特化型の特徴は、管理部門の業務内容や市場ニーズに詳しく、ミスマッチの少ない求人を紹介してもらえることです。

BEET-AGENT|法務・経理・人事に強い管理部門特化型

BEET-AGENT

BEETに登録するBEET-AGENTは、管理部門・バックオフィスに特化した転職エージェントです。上場企業からベンチャー企業まで幅広い求人を扱っています。

管理部門の転職市場におけるニーズや現状に詳しいため、求職者のスキルや経験をもとに正しく市場価値を判断し、マッチする求人を紹介してくれます。

個別面談に力を入れているためキャリアプランや転職の方向性について相談してみましょう。

公式サイト:https://beet-agent.com/

MS Agent|管理部門と士業の転職エージェント

MS Agent

MS Agentは、管理部門・士業特化型の転職エージェントです。

職種ごとに精通したアドバイザーが求職者のスキルや経験を適切に評価したうえで質の高いアドバイスとサポートをしてくれます。

管理部門特化型としては業界最大規模の求人数があり、管理部門の実績も豊富にあります。上場企業との取引が豊富なので、上場企業の管理部門への転職を目指す方におすすめです。

公式サイト:https://www.jmsc.co.jp/

SYNCA|スカウトがもらえる転職エージェント

SYNCA

管理部門・バックオフィス特化型の転職サイトです。大手企業から中小、ベンチャーまで幅広い求人を扱っています。自ら応募するか企業からのスカウトを待つスタイルで転職活動を進められるほか、転職サポートを受けることもできます。

アンケートに回答するだけで無料の市場価値診断もできるので、現在の市場価値を知りたい方は診断をしてみるとよいでしょう。

公式サイト:https://synca.net/

NO-LIMIT|インハウスローヤー・法務人材の転職支援に特化

NO-LIMIT

NO-LIMITに登録する

NO-LIMITは、弁護士の転職支援に特化した転職エージェントです。

法律事務所への転職のほか、事業会社の管理部門への転職支援もおこなっています。インハウスローヤー・法務のほか、法務部長や管理部門統括ポジションの求人も豊富です。

事業会社に所属する弁護士は年々増加していますが、求人はまだまだ希少です。転職可能性を高めるために、ネットワークが豊富なNO-LIMITの活用をおすすめします。

公式サイト:https://no-limit.careers/

法務求人.jp|法務・総務特化の転職エージェント

法務求人.jp

法務求人.jpは、C&Rリーガル・エージェンシー社が運営する弁護士や法務・知財領域および総務関連職に特化した転職エージェントです。

法務求人.jp」と「総務求人.jp」を運営しており、専任エージェントが法務、総務それぞれに特化した転職サポートを提供しています。管理部門の中でも法務や総務への転職を検討中の方に適しています。

法務求人.jp:https://www.houmukyujin.jp/
総務求人.jp:https://www.somukyujin.jp/

ビズリーチ|管理部門のハイクラス人材向けエージェント

ビズリーチ

ビズリーチは、企業やヘッドハンターからのスカウトが届く即戦力向けの転職サイトです。管理職や経営幹部などのプロフェッショナル人材向け求人を多数保有しているため、管理部門の管理職経験者や経営層を目指す方におすすめします。

転職サイトでは珍しい有料サービスですが、その分求職者にメリットのある提案が行われており、本気で転職を成功させたい人に向いています。

公式サイト:https://www.bizreach.jp/

Hupro|経理・財務など会計業界に強い転職エージェント

Hupro

Huproは、士業と管理部門に特化した転職エージェントです。スピード内定を売りにしているため、早期の転職を目指す方に向いています。

特に経理・財務部門への転職では高い専門性を発揮してくれると定評があるため、税理士や会計士、会計領域での転職を希望する方におすすめです。

公式サイト:https://hupro-job.com/

人事の転職|人事特化型の転職エージェント

人事の転職人事の転職は、企業との太いパイプを持つ、人事専門の転職エージェントです。

人事・エグゼクティブクラスの転職に強みを持ち、CHROやHRBPなど求人を扱っています。企業の人事担当と深い接点を持つため、企業がどういう社風なのか、どういった雰囲気なのかについて把握できていることが特徴です。

企業との相性を重要視する方には、おすすめと言えるでしょう。

公式サイト:https://hr-tenshoku.jp/

ジャスネットキャリア|会計業界に特化したエージェント

ジャスネットキャリア

ジャスネットキャリアは、会計・税務・経理・財務分野に特化した転職エージェントです。ジャスネットキャリアは管理部門の中でも経理・財務の求人に特化しています。

管理部門の責任者から社員まで、幅広い求人があるのも魅力です。公式サイトには、未経験から管理部門へ転職できた事例が掲載されています。

公式サイト:https://career.jusnet.co.jp/

リクルートダイレクトスカウト|管理部門のハイクラス転職を支援

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトは、業界大手リクルートが運営する、ハイクラス向け転職スカウトサービスです。

誰もが知る大手企業や上場企業の求人、高年収の求人を多数扱っているため、企業規模や年収にこだわりのあるハイクラス人材に適しています。

また担当ヘッドハンターが求職者に合った求人を提案してくれる場合もあります。自分では見つけられない意外な企業との出会いがあるかもしれません。

公式サイト:https://directscout.recruit.co.jp/

ハイスタ会計士|公認会計士の経理財務や管理職への転職を支援

ハイスタ会計士

ハイスタ会計士に登録する

ハイスタ会計士は、公認会計士・USCPAに特化した転職エージェントです。

企業研究の専門家が在籍しているため、企業がどういう社風なのか、どういった雰囲気なのかなど内情を把握できていることが特徴です。企業との相性を重要視する方におすすめです。

監査法人や会計事務所の転職支援だけではなく、企業の経理・財務、IPO準備中企業のCFO候補など、「会計士に寄り添う転職エージェント」として転職活動をサポートしています。

公式サイト:https://hi-standard.pro/cpa/

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職支援実績No.1の総合型転職エージェントです。業界最大級の求人数が魅力で、管理部門系職種の求人も豊富に扱っています。

業界のリーディングカンパニーとあって転職サポートの充実度やアドバイスの質が安定しているため、どのエージェントを利用すべきか迷ったらまずは登録するとよいでしょう。

公式サイト:https://www.r-agent.com/

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、ハイクラス人材に強い総合型の転職エージェントです。

年収800万円以上の求人を多く扱っているため、管理部門の中でも管理職経験者やスペシャリストなどにマッチする可能性があります。

パソナキャリアだけの独占求人も多いので、求人の選択肢を広げたい方もチェックしてみましょう。

公式サイト:https://www.pasonacareer.jp/

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、ミドル・ハイクラス人材の転職支援に強みをもつ転職エージェントです。外資系や海外に事業展開する日系大手企業の転職に強いため、グローバルに活躍したい管理部門人材に向いています。

特にミドル層の管理職経験者や専門職の転職を得意としています。所属コンサルタントは専門性が高いと求職者からよい評価を受けています。

公式サイト:https://www.jac-recruitment.jp/

doda

doda

dodaは、求人件数と質ともに業界トップクラスの転職サイトです。スカウトを待って応募することも、エージェントのサポートを受けることもできます。エージェントを利用した求職者からは、キャリアカウンセリングやサポートが丁寧だと定評があります。

サイト内のコンテンツも充実しており、転職に役立つヒントを多く得られます。

公式サイト:https://doda.jp/

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、20代・30代の若手人材に強い転職エージェントです。マイナビエージェントではキャリアアドバイザーが丁寧にサポートしてくれるため、はじめて転職する方転職に不安が大きい方におすすめです。

管理部門では経営企画や人事、経理など多彩な求人を保有しています。英語力を活かせる求人も多数扱っているので、グローバルに活躍したい若手人材にも向いています。

公式サイト:https://mynavi-agent.jp/

サービス名 特徴 特に強い職種
BEET-AGENT 年収600万円以上を目指す方におすすめ。管理部門を熟知するアドザイバーが在籍しているため、初めての転職でも安心の対応力。 経理・財務・人事労務
法務・内部監査
MS Agent 管理部門特化型では最大規模の求人数。転職支援の実績も豊富。 経理・財務・人事労務
SYNCA 直応募・スカウト・エージェントサービスから選べる。 人事労務・経理・財務
総務
NO-LIMIT 弁護士の、インハウスローヤーや法務・管理部門統括への転職支援実績が豊富。 弁護士・法務
法務求人.jp 法務・知財・総務職におすすめ。 法務・知財
ビズリーチ スカウト型の最大手。有料サービスを使うことで転職スピード・成功率アップ。 経理・財務・法務
他営業職・マーケティグ等
Hupro 早期転職ならここ。会計領域の専門家など、有資格者にも強い。 会計・税務・経理
人事の転職 企業との太いパイプを持つ、人事専門の転職エージェント。 人事・労務
ジャスネットキャリア 「会計、税務、経理、財務分野」に特化した転職エージェントとして20年以上の運用実績。 会計、税務、経理
財務分野
リクルートダイレクトスカウト 業界大手のリクルートが運営。企業規模や年収にこだわるならここ。 経理・財務・法務
内部監査
ハイスタ会計士 公認会計士の、経理・CFOポジションへの転職支援に強み。 会計士・税理士・経理
財務・CFO候補
リクルートエージェント 総合型転職エージェント大手。求人数・支援サービスの充実度に定評があり。 経理・財務・人事
パソナキャリア 年収800万円以上のハイクラス求人を多く取り扱い、年収アップ率が高い。 経理・人事・IR
JACリクルートメント ハイクラス向けの転職支援に強み。外資系・日系大手の求人多数。 外資法務・経理・財務
doda 【経験1年程度向け】求人の雇用形態が多様で、件数が多い。サイトに転職のお役立ち情報を多数掲載。 経理事務・人事・総務・労務
マイナビエージェント 20代・第二新卒メインの若手人材向け。 経理・人事・広報

管理部門の転職で転職エージェントを使うべき5つの理由

ここからは、管理部門人材が転職エージェントを使うべき理由を解説します。

企業文化や職場の雰囲気などの情報収集がしやすい

企業文化や職場の雰囲気は求人情報やホームページだけではわかりにくいものです。そこで、転職エージェントが役立ちます。

転職エージェントは企業とのパイプを活かし、企業の内部情報や採用担当者のニーズを把握しています。こうした情報を提供してもらうことで企業情報に厚みがでて、ミスマッチを防ぎやすくなります。

管理部門の非公開求人に応募できる

管理部門は企業の経営に関わる重要なポジションであり、採用にも慎重になる傾向があります。そのため、一般に公開される求人サイトや求人誌には掲載されないことが多く、求人を自分で探すのは困難です。

転職エージェントに相談すれば非公開求人にもアクセスでき、求職者のスキルや経験に合った求人を紹介してくれます。

現職と並行して効率的に転職活動を進められる

管理部門の仕事は多岐にわたり、日々の業務に追われていると転職に必要な時間やエネルギーが不足しがちです。

求人選定や面接のスケジュール調整などを転職エージェントに代行してもらうことで、転職活動を効率的に行うことができます。現職と並行しながらでも、スムーズに転職活動を進められるできるでしょう。

応募書類の添削や面接対策などのサポートをしてもらえる

応募書類では自分の強みや成果を具体的にアピールすることが大切ですが、自分では伝え方がわからないことがあります。転職エージェントなら、応募先の企業や業界にあわせて最適な書き方やポイントを教えてくれます

また、面接では自分の志望動機や適性をしっかりと伝えることが重要ですが、緊張してうまく話せないこともあるでしょう。転職エージェントは面接前の模擬面接や質問に対する回答例のアドバイスを提供してくれるため、面接当日も自信をもって臨むことができます。

キャリアプランの相談に乗ってもらえる

管理部門はキャリアの選択肢が多岐にわたるため、どのようなキャリアパスを目指すべきなのかを自分だけで判断するのは難しいものです。

管理部門のキャリアや業務内容に精通している転職エージェントであれば、キャリアプラン策定のサポートやプランにあわせた転職先を提案してくれます。

管理部門に強い転職エージェントを選ぶポイント4つ

多数の転職エージェントの中から自分に合ったエージェントを選ぶには、以下のポイントを意識しましょう。

サポート内容

まずはサポート内容が重要です。面接のスケジュール調整を代行してくれるのはもちろん、求職者のスキルや経験を適切に評価し、マッチ度が高い求人を提案してくれるかチェックしましょう。

応募書類の添削や面接対策など、選考通過率を高めるためのサポートを丁寧に実施してくれるかどうかも重要です。

管理部門求人の質

質の高い管理部門の求人情報をもっているかどうかも大切なポイントです。転職エージェントなら企業とのパイプを通じて非公開求人を紹介してくれますが、その質は転職の成功を大きく左右します。

特に、管理部門に強い転職エージェントならほかにはない独占案件を保有していることも多く、質の高さには期待できます。

管理部門転職の実績や評判

エージェントの実績や評判もチェックしましょう。エージェントの公式サイトや転職口コミサイトなどさまざまな情報源を使って、管理部門の転職成功事例やよい口コミが豊富にあるか確認しましょう。

管理部門の求人や採用動向に精通しているか、管理部門のスキルや経験を正しく評価し、適切な企業やポジションを紹介してくれるかなどの確認も必須です。

担当者との相性

担当者との相性もエージェントを選ぶうえで重要なポイントです。担当者との相性がよければ自分の希望や状況を的確に伝えることができ、適切な求人や企業を紹介してもらえます。

担当者との相性を見極めるためには、まず担当者の経歴や専門分野を確認しましょう。そのうえで担当者の対応スピードや連絡頻度をチェックしたり、担当者のアドバイスや提案に納得できるかどうかを判断したりすることが大切です。

サービス名 特徴 特に強い職種
BEET-AGENT 年収600万円以上を目指す方におすすめ。管理部門を熟知するアドザイバーが在籍しているため、初めての転職でも安心の対応力。 経理・財務・人事労務
法務・内部監査
MS Agent 管理部門特化型では最大規模の求人数。転職支援の実績も豊富。 経理・財務・人事労務
SYNCA 直応募・スカウト・エージェントサービスから選べる。 人事労務・経理・財務
総務
NO-LIMIT 弁護士の、インハウスローヤーや法務・管理部門統括への転職支援実績が豊富。 弁護士・法務
法務求人.jp 法務・知財・総務職におすすめ。 法務・知財
ビズリーチ スカウト型の最大手。有料サービスを使うことで転職スピード・成功率アップ。 経理・財務・法務
他営業職・マーケティグ等
Hupro 早期転職ならここ。会計領域の専門家など、有資格者にも強い。 会計・税務・経理
人事の転職 企業との太いパイプを持つ、人事専門の転職エージェント。 人事・労務
ジャスネットキャリア 「会計、税務、経理、財務分野」に特化した転職エージェントとして20年以上の運用実績。 会計、税務、経理
財務分野
リクルートダイレクトスカウト 業界大手のリクルートが運営。企業規模や年収にこだわるならここ。 経理・財務・法務
内部監査
ハイスタ会計士 公認会計士の、経理・CFOポジションへの転職支援に強み。 会計士・税理士・経理
財務・CFO候補
リクルートエージェント 総合型転職エージェント大手。求人数・支援サービスの充実度に定評があり。 経理・財務・人事
パソナキャリア 年収800万円以上のハイクラス求人を多く取り扱い、年収アップ率が高い。 経理・人事・IR
JACリクルートメント ハイクラス向けの転職支援に強み。外資系・日系大手の求人多数。 外資法務・経理・財務
doda 【経験1年程度向け】求人の雇用形態が多様で、件数が多い。サイトに転職のお役立ち情報を多数掲載。 経理事務・人事・総務・労務
マイナビエージェント 20代・第二新卒メインの若手人材向け。 経理・人事・広報

管理部門人材が転職エージェントを賢く活用する5つのポイント

ここからは、転職エージェントを徹底活用するためのポイントを紹介します。

担当者と定期的にやり取りする

担当者と定期的にやり取りすることで、担当者との信頼関係を築くことができます。信頼関係があれば、担当者は求職者の強みや弱みを正確に把握し、より適切なアドバイスをしてくれます。こちらも自分の状況や希望を担当者に伝えることで、より適切な求人紹介や面接調整を受けることができます。

また、積極的に連絡をとることでエージェントに対して転職意欲の高さを示すこともでき、ほかの求職者よりも優先的に求人紹介を受けられる可能性が高まります。

担当者のアドバイスにしっかりと耳を傾ける

転職では自分の意見や希望をもつことが大切ですが、担当者からのアドバイスもしっかり聞くようにしましょう。客観的な立場からの提案やアドバイスにも耳を傾けることで視野が広がり、自分では見えなかった改善点や思いもよらぬよい求人に出会える可能性があります。

アドバイスを活かすことで、応募先とのマッチング率を高めることもつながります。

面接のフィードバックを次に活かす

転職エージェントは面接後に企業からの評価を伝えてくれます。面接のフィードバックは、自分の強みや弱みを知るための貴重な機会です。フィードバックをもとに、次の面接に向けて改善点を見つけましょう。

たとえば志望動機が明確でなかった場合は、自分のキャリアビジョンや管理部門での目標を整理しておきましょう。業務内容やスキルに関する質問に答えられなかった場合は、自分の経験や実績を具体的に説明できるように準備することが必要です。

複数登録してから2~3社に絞る

転職エージェントは多数存在し、どれを選ぶか迷うかもしれません。そこで、まずは自分の希望や条件に合った転職エージェントを複数登録しましょう。

登録すると、すぐに各エージェントから求人情報やアドバイスを受けることができます。その中で、自分と相性のよいエージェントや、信頼できるエージェントを見つけ出しましょう。

そして、最終的には2~3社に絞って活動することをおすすめします。あまり多くのエージェントとやり取りすると、情報が重複したり、混乱したりする可能性があるからです。

待遇や年収交渉を依頼する

待遇や年収交渉を転職エージェントに依頼することで、よりよい条件での転職が期待できます。

転職エージェントは管理部門の市場価値や年収相場を把握しているので、適正な条件を提示してくれる可能性が高いです。企業と普段からコミュニケーションをとり信頼関係を構築しているため、交渉のプロセスがスムーズに進みます。

自分の希望や理由を明確に伝えることも重要ですが、転職エージェントに任せることでストレスや不安を軽減することもできるでしょう。

管理部門の転職難易度は高い?難しいとされる理由

管理部門への転職は以下の理由から難易度が高めです。

採用枠が少ない

管理部門の転職難易度が高い理由のひとつに、採用枠が少ないという点が挙げられます。

管理部門は企業の経営や戦略に関わる重要な部署であり、社内からの昇進や異動が多く発生します。また、もともと少数で構成される部署が多く、ポジションの数自体が多くありません。そのため外部からの採用枠は限定されます。

人気が高く競争が激しい

管理部門は求職者からの人気が高い事務系職種なので、ほかの候補者との競争を勝ち抜く必要があります。企業としても経験やスキルが高い人材を求める場合が多く、採用ハードルも高めです。

そのため転職活動では自分の強みや適性を明確にアピールしたり、管理部門の業務内容や求められる能力について事前によく調べたりすることが大切です。

業務内容が企業ごとに異なるためマッチングが難しい

管理部門といっても経理や人事、総務などさまざまな職種があり、それぞれに求められるスキルや経験も異なります。また同じ職種でも企業の規模や業界、文化によって業務の範囲や責任も変わってきます

したがって、管理部門の転職では自分の能力や志向に合った企業を見つけることが重要ですが、それは容易なことではありません。自分だけの力でマッチする企業を探すのは難しいため転職エージェントのサポートが必要です。

【企業規模別】管理部門の転職成功ポイント

大企業、中小企業、ベンチャー企業にわけて採用動向や活動のポイントを解説します。

大企業への転職

管理部門の転職において大企業への転職は魅力的な選択肢のひとつです。大企業では組織の規模が大きく、専門性の高いスキルを身につけることができます。安定した給与や福利厚生、キャリアアップの機会も豊富にあります。

一方で、業務分担が進んでいるため業務の幅を広げるのは難しく、管理部門で多様な経験を積みたい方には向かない場合があります。

また大企業は特に採用ハードルが高いため、転職には相応の準備や努力が必要です。応募先の求める人材像や採用プロセスを把握し、適性試験や面接の対策を練ることが欠かせません。

中小企業への転職

中小企業では、管理部門は幅広い業務を一手に引き受けることが多くなります。管理部門の業務は多岐にわたるため、柔軟性や自主性を持って仕事に取り組めることが求められます。

また経営層との距離が近く、コミュニケーションも頻繁に行わなければなりません。経営層との関係性が密接になるため、応募先のビジョンや文化に共感できるかどうかが非常に大切です。

ベンチャー企業への転職

ベンチャー企業への転職では、大企業や老舗の中小企業とは異なる文化や環境にも対応できるかどうかが重要なポイントです。まず、ベンチャー企業では創業者や経営陣のビジョンや理念が強く反映されているため、自分の価値観や目標と合致しているかどうかを確認する必要があります。

また市場や顧客のニーズに応じて素早く変化や改善を行うことが求められるため、柔軟性やスピード感を持って対応できるかどうかがポイントになります。固定観念にとらわれず、新しいことに挑戦できる姿勢が必要です。

さらにベンチャー企業は社員数が少ない場合が多く、横のつながりが強いため、管理部門も他部門とのコミュニケーションや協力が不可欠です。フラットな組織であることが多いので、上下関係にこだわらず、自分の意見や提案を積極的に発信できるかどうかも見られます。

企業規模にこだわりすぎないことも大切

先述したように管理部門の転職は難易度が高いため、企業規模を限定して転職活動を進めるとうまくいかない可能性があります。ある程度の方向性を決めることは大切ですが、規模にこだわりすぎず柔軟に応募先を決めることも必要です。

サービス名 特徴 特に強い職種
BEET-AGENT 年収600万円以上を目指す方におすすめ。管理部門を熟知するアドザイバーが在籍しているため、初めての転職でも安心の対応力。 経理・財務・人事労務
法務・内部監査
MS Agent 管理部門特化型では最大規模の求人数。転職支援の実績も豊富。 経理・財務・人事労務
SYNCA 直応募・スカウト・エージェントサービスから選べる。 人事労務・経理・財務
総務
NO-LIMIT 弁護士の、インハウスローヤーや法務・管理部門統括への転職支援実績が豊富。 弁護士・法務
法務求人.jp 法務・知財・総務職におすすめ。 法務・知財
ビズリーチ スカウト型の最大手。有料サービスを使うことで転職スピード・成功率アップ。 経理・財務・法務
他営業職・マーケティグ等
Hupro 早期転職ならここ。会計領域の専門家など、有資格者にも強い。 会計・税務・経理
人事の転職 企業との太いパイプを持つ、人事専門の転職エージェント。 人事・労務
ジャスネットキャリア 「会計、税務、経理、財務分野」に特化した転職エージェントとして20年以上の運用実績。 会計、税務、経理
財務分野
リクルートダイレクトスカウト 業界大手のリクルートが運営。企業規模や年収にこだわるならここ。 経理・財務・法務
内部監査
ハイスタ会計士 公認会計士の、経理・CFOポジションへの転職支援に強み。 会計士・税理士・経理
財務・CFO候補
リクルートエージェント 総合型転職エージェント大手。求人数・支援サービスの充実度に定評があり。 経理・財務・人事
パソナキャリア 年収800万円以上のハイクラス求人を多く取り扱い、年収アップ率が高い。 経理・人事・IR
JACリクルートメント ハイクラス向けの転職支援に強み。外資系・日系大手の求人多数。 外資法務・経理・財務
doda 【経験1年程度向け】求人の雇用形態が多様で、件数が多い。サイトに転職のお役立ち情報を多数掲載。 経理事務・人事・総務・労務
マイナビエージェント 20代・第二新卒メインの若手人材向け。 経理・人事・広報

管理部門の転職で評価されるスキルや経験、資格

ここでは転職で評価されやすいスキルや経験、資格について解説します。

コミュニケーションスキル

管理部門では社内外のさまざまな関係者と連携し、業務を円滑に進めるためにコミュニケーションスキルが不可欠です。転職する際にも、面接や応募書類でコミュニケーションスキルをアピールすることが重要です。コミュニケーションスキルは日々の業務や研修などで身につけることができます。

マネジメントスキル

管理部門は組織の方針や戦略を立案し、実行する役割を担っています。そのため転職では、部下やチームの業務を効率的に遂行するために必要なマネジメントスキルが高く評価されます。

たとえば部下や他部署と円滑にコミュニケーションを取り、信頼関係を築くことができるかどうか、部下やチームを率いて目標達成に導くことができるかどうかといった点が評価の対象になります。

デジタルスキルや知識

管理部門では、データ分析やレポーティング、プロジェクト管理などの業務を効率的に行うためにデジタルツールやシステムを活用する必要があります。たとえばBIツールやクラウドサービス、RPAなどの最新の技術に精通していると、業務の質やスピードが向上します。

デジタルスキルや知識は、管理部門の役割が変化する中で新しいビジネスモデルや戦略に対応する能力を高めるためにも必要です。デジタル変革に積極的に取り組み、イノベーションを生み出すことができる人材は転職で高く評価されます。

語学力

管理部門の転職では、語学力を持っていることで多くのチャンスを得ることができます。特に国際的なプロジェクトや海外の取引先とのやりとりが多い企業へ応募する際には、英語や中国語などの外国語を話せると有利です。

語学力をアピールするには、TOEICやHSKなどの資格やスコアを記載するのが効果的です。海外での勤務経験や留学経験があれば、それもアピールポイントになります。

経営分析や戦略立案の能力

管理部門では、会社の経営状況や市場動向を分析し、経営陣に対して提言や助言を行うことが求められます。そのため、経営分析や戦略立案の能力が必要です。

経営分析は会社の業績や市場動向、競合他社の状況などをデータにもとづき分析し、経営上の課題や改善点を見つけ出す能力です。戦略立案は、経営分析の結果をもとに会社の目標や方向性を明確にし、具体的な行動計画や予算を策定する能力です。

こうした能力を鍛えるには自社や業界の情報収集を積極的に行い、論理的思考力や問題解決力を鍛えることが有効です。

管理部門系職種として市場価値を高めるためには?

転職によって自分のキャリアを広げるためには市場価値を高めるための努力が必要です。以下ではその方法やポイントを解説します。

専門知識や最新の法令について学び続ける

市場価値を高めるには、自分の担当する分野に関する専門知識や最新の法令を把握しておく必要があります。これにより、自分の業務に役立つだけでなく、他部署との連携やコミュニケーションでも有利になります。結果としてキャリアアップや年収アップにもつながるでしょう。

専門知識や法令について学ぶ方法としては、書籍やインターネットなどの情報源をチェックすることや、セミナーや研修などの教育機会を積極的に利用することが挙げられます。

社会情勢や業界動向に常にアンテナを張る

管理部門ではビジネス環境の変化に対応できる能力が求められるため、社会情勢や業界動向に敏感であることが大切です。これにより、自社の強みや弱みを把握し、競争優位を築くための施策を提案できます

社会情勢や業界動向をチェックするには、業界団体や専門家のセミナーや講演会に参加することや、取引先や同業他社などの意見やニーズを聞くことなどが有効です。

他部門や外部とのネットワークを広げる

管理部門では多くのステークホルダーとコミュニケーションを取る必要があるため、他部門や外部とのネットワークを広げることが大切です。これにより、情報収集や意思決定のスピードが上がり、業務効率や品質も向上します。

ネットワークを広げる方法としては、社内外のセミナーや研修に積極的に参加したり、SNSやメールで定期的に連絡を取ったりすることが挙げられます。

全社的な視点や戦略的な視点をもって業務に取り組む

市場価値を高めるためには自分の担当する業務だけでなく、会社全体の状況や方向性を把握し、それにもとづいて戦略的な提案や改善を行うことが重要です。

全社的な視点や戦略的な視点をもって業務に取り組むことで、自分の専門性だけでなく、ビジネスパーソンとしての幅広い能力を身につけることができます。また、自分の部署だけでなく、他部署や上層部との連携やコミュニケーションもスムーズになります。

これらのことは、自分の業績や評価だけでなく、キャリアアップや転職の際にも有利に働くでしょう。

常に改善や効率化を目指し、新しい方法やツールを取り入れる

管理部門は組織の業務や人事をサポートする役割を担っており、その仕事の質やスピードが組織の成果に大きく影響します。そのため業務を遂行するにあたって業務を自動化したり最新のツールを活用したりすることで、自分のパフォーマンスを高める必要があります。

業務改善や効率化を意識して新しい方法やツールを取り入れることは、自分のスキルや知識を広げることにもつながります

管理部門の転職を成功させるためのポイント

管理部門系職種の人材が転職を成功させるためには、以下のポイントを押さえて転職活動を進めましょう。

自分の強みや志向性を明確にする

管理部門では多様な役割やスキルが求められるため、自分がどんな仕事に向いているのか、どんなキャリアを目指しているのかなどの自己分析をしっかり行う必要があります。

自分の強みや志向性を明確にすることで、自分に合った企業や職種を見つけやすくなり、応募書類や面接で自分をアピールする際にも有利になります。

強みや志向性にあった企業を選ぶことで、転職後の仕事に対するモチベーションや満足度も高まります

転職理由を明確にする

転職理由を明確にすることで自分にあった企業を選定でき、採用担当者に対して自分の魅力や適性をアピールすることにもつながります。

転職理由を伝える際には現職での不満や不安だけでなく、転職先でどんなキャリアを目指しているかなど、前向きな理由を伝えることが望ましいです。

自分のライフスタイルや家庭環境とも照らして考える

管理部門の仕事は責任が重く、締め切りがあるなど時間的な制約も少なくありません。そのため、自分の働き方や生活スタイルに合っているかどうかを事前に確認する必要があります。

家庭環境も無視できません。配偶者や子供、親などの家族がいる場合は、彼らの意見や協力も必要です。転職によって収入や勤務地が変わる可能性もあるため、家族と十分に話し合っておくことが大切です。

企業研究や業界研究を徹底する

応募先で自分の経験や能力がどのように活かせるか、どのようなキャリアパスが望めるかを把握するためには、応募先の企業や業界の特徴や動向をしっかりと調べる必要があります。

企業研究や業界研究を徹底することで、自分に合った企業を見つけるだけでなく、面接や書類選考でも自分の強みや志望動機を効果的にアピールすることができます。

応募先の将来性や財務状況について検討する

転職後に長く活躍するには、応募先の将来性や財務状況を把握しておく必要もあります。これらの情報は企業のホームページやIR資料、有価証券報告書などで調べることができます。

転職エージェントに丸投げせず主体的に転職活動を進める

転職エージェントは転職をサポートしてくれますが、転職活動の主体はあくまでも求職者自身です。求人の紹介をただ待っているだけでなく、自分でも情報収集をしたり自己分析やキャリアの棚卸しを進めたりと主体的に転職活動を進めましょう。

そのうえで悩むことや不安があれば、転職エージェントにアドバイスを求めることが大切です。

サービス名 特徴 特に強い職種
BEET-AGENT 年収600万円以上を目指す方におすすめ。管理部門を熟知するアドザイバーが在籍しているため、初めての転職でも安心の対応力。 経理・財務・人事労務
法務・内部監査
MS Agent 管理部門特化型では最大規模の求人数。転職支援の実績も豊富。 経理・財務・人事労務
SYNCA 直応募・スカウト・エージェントサービスから選べる。 人事労務・経理・財務
総務
NO-LIMIT 弁護士の、インハウスローヤーや法務・管理部門統括への転職支援実績が豊富。 弁護士・法務
法務求人.jp 法務・知財・総務職におすすめ。 法務・知財
ビズリーチ スカウト型の最大手。有料サービスを使うことで転職スピード・成功率アップ。 経理・財務・法務
他営業職・マーケティグ等
Hupro 早期転職ならここ。会計領域の専門家など、有資格者にも強い。 会計・税務・経理
人事の転職 企業との太いパイプを持つ、人事専門の転職エージェント。 人事・労務
ジャスネットキャリア 「会計、税務、経理、財務分野」に特化した転職エージェントとして20年以上の運用実績。 会計、税務、経理
財務分野
リクルートダイレクトスカウト 業界大手のリクルートが運営。企業規模や年収にこだわるならここ。 経理・財務・法務
内部監査
ハイスタ会計士 公認会計士の、経理・CFOポジションへの転職支援に強み。 会計士・税理士・経理
財務・CFO候補
リクルートエージェント 総合型転職エージェント大手。求人数・支援サービスの充実度に定評があり。 経理・財務・人事
パソナキャリア 年収800万円以上のハイクラス求人を多く取り扱い、年収アップ率が高い。 経理・人事・IR
JACリクルートメント ハイクラス向けの転職支援に強み。外資系・日系大手の求人多数。 外資法務・経理・財務
doda 【経験1年程度向け】求人の雇用形態が多様で、件数が多い。サイトに転職のお役立ち情報を多数掲載。 経理事務・人事・総務・労務
マイナビエージェント 20代・第二新卒メインの若手人材向け。 経理・人事・広報

管理部門の応募書類や面接で好印象を与えるためには?

ここでは応募書類や面接で企業に好印象を与えるためのポイントを解説します。

実績や経験を具体的に示す

管理部門では業務の効率化や品質の向上、チームワークの促進などさまざまな課題に対応する能力が求められます。そのため応募書類や面接では、これらの課題にどのように取り組んだか、どのような成果を出したかなどを具体的な事例や数字で示すことが望ましいです。

たとえば「業務フローの見直しにより、作業時間を20%削減した」「コミュニケーションの改善により、離職率を30%下げた」などです。実績や経験を具体的に示すことでポテンシャルをアピールすることができます。

チームワークやコミュニケーション能力があることをアピールする

管理部門ではさまざまな部署や人と連携して業務を進める必要があるため、チームワークやコミュニケーション能力をアピールすることで、好印象を与えることができます。たとえば過去にチームで成果を出した経験や、困難な状況でコミュニケーションをとったエピソードを具体的に紹介することなどが考えられます。

また、自分の意見をはっきりと伝えるだけでなく、他者の意見にも耳を傾ける姿勢フィードバックを受け入れる柔軟性もアピールポイントになります。

有効な資格は積極的にアピールする

管理部門の転職で資格は必須ではありませんが、資格を持っていることはその分野に対する理解度や知識を証明することになります。そのため有効な資格があれば積極的にアピールしましょう。

資格を活かしてどのように業務に貢献できるか、具体的な事例やアイデアを話すことで意欲を示せるでしょう。

自分の人柄や価値観も表現する

管理部門の業務は組織の人間関係や文化にも配慮が必要です。そのため自分の性格や考え方などを適度に表現することで、組織との相性やフィット感をアピールできます。

自己PRや志望動機では自分の人柄や価値観に関するエピソードを盛り込むことが効果的です。面接の質問では自分の経験や考え方にもとづいて回答することで、誠実さを示すことができます。

強みだけでなく、弱みや改善点も正直に述べる

採用担当者に好印象を与えるためには、自分の強みだけでなく、弱みや改善点も正直に述べることが大切です。自分の能力や経験を過大評価せず、客観的に見ることができる人材は、管理部門としての資質が高いと判断されます。

また、自分の弱みや改善点を認めることは、自己分析や自己成長に対する意欲を示すことにもなります。応募書類や面接では、自分の弱みや改善点を具体的に挙げて、それをどのように克服しようとしているか、または克服したかを具体的な事例や成果とともに説明するよう心掛けましょう。

敬語やマナー、身だしなみに気を配る

管理部門では社内外のさまざまな人と接する機会が多いため、ビジネスマナーを理解し、礼儀正しく対応することが必要です。応募書類は丁寧な言葉遣いで作成し、面接では挨拶や身だしなみなどに気をつけることが欠かせません。

管理部門の転職で注意すべき点

転職後に後悔しないためには、転職活動に際して以下の点を意識し、必要に応じて転職エージェントや企業の採用担当者に確認することが大切です。

業務内容や役割を事前に確認する

管理部門は会社や部署によって担う業務が異なる場合が多いため、自分の得意分野やキャリアプランにあわない場合もあります。そのため応募先の管理部門でどのような業務や役割を求められているのか、事前に面接や情報収集で明確にしておきましょう。

評価制度や給与体系を確認する

転職先の評価制度や給与体系を事前に把握しておくことで、自分のスキルや経験が適切に評価されるかどうか自分の目標やキャリアプランに合った環境かどうかを判断することができます。

転職活動では、面接や求人情報だけでなく、転職エージェントや転職口コミサイトなども含めて幅広く情報収集することがおすすめです。

職場の雰囲気や企業風土が自分に合っているか検討する

職場の雰囲気や企業風土が自分に合っているかどうかも重要なポイントです。

管理部門ではさまざまな部署と連携して業務を進めるためにコミュニケーション能力を発揮し、企業の方針や戦略に沿って管理業務を行う必要があります。そのため、自分の価値観や働き方と企業の文化が合致しているかどうかを確認することが大切です。

転職先の職場の雰囲気や企業風土を知る方法としては、 面接で応募先の企業のビジョンやミッション、組織体制や風土などを質問するのが有効です。応募先の企業の社員と話す機会があれば、実際の働き方や雰囲気について尋ねるのもよいでしょう。

残業や休日出勤についても知っておく

残業や休日出勤の有無や時間数は企業によって異なります。事務系職種というと残業が少ないというイメージを抱く方もいますが、企業によっては長時間残業が慢性化しているケースもあるため注意が必要です。

残業や休日出勤に関する質問は面接で行うことも可能ですが、聞きづらい場合は転職エージェントに確認するとよいでしょう。

退職時期を考慮する

管理部門は決算期や人事異動期などに忙しくなることが多いため、退職時期によっては引き継ぎや後任探しなどに困難が生じる可能性があります。できるだけ円満に退職するためには、早めに上司に相談し、退職時期を調整することが大切です。

管理部門系職種のキャリアパス

最後に、管理部門のキャリアパスの種類を紹介します。転職エージェントを活用し、希望のキャリアパスを実現させましょう。

分野での専門性を磨く

自分が担当する管理業務に関する知識やスキルを深め、専門性を磨くキャリアパスです。たとえば経理職であれば、会計基準や税務法規などの最新の情報に常にアップデートし、正確かつ効率的な会計処理ができるようにすることが考えられます。

分野での専門性を磨くことで自分の仕事に自信を持つことができ、仕事へのモチベーションや満足度が高まります。他部門や上司からも信頼されるようになるでしょう。

管理部門の責任者を目指す

管理部門で経験を積み、責任者になるキャリアパスです。管理部門の責任者は会社の経営方針や戦略に沿って各部門を統括し、効率的かつ合法的に業務を遂行する役割を担います。

管理部門の責任者になるには、まずは管理部門の一員として自分の担当する業務に精通し、成果を出すことが大切です。そのうえで、ほかの部門とも連携し、会社全体の利益に貢献できるように努めましょう。

事業部の経験も積み役員を目指す

管理部門だけでなく事業部の経験も積み、役員を目指すキャリアもあります。

事業部の経験も積むことで、自社のビジネスモデルや市場動向、顧客ニーズなどを深く理解できます。事業部のメンバーや関係者とコミュニケーションをとることで、人脈や信頼関係も築けるでしょう。

役員になるためには事業部の現場の声や課題を把握することが不可欠なので、こうした経験は大きな武器になります。

他社の管理部門に転職してスキルを磨く

他社の管理部門に転職してスキルを磨き、キャリアを広げるという選択肢もあります。転職することで自社では得られない経験や知識を身につけることができます。

また、自社とは異なる組織文化や人事制度に触れることで、自分の価値観やキャリアビジョンを見直すきっかけにもなります。

士業資格を取得して専門職として働く

税理士や弁護士、社会保険労務士などの国家資格を取得して専門職として働く道もあります。

これらの士業資格は専門性が高く、市場価値が高いため独立開業やフリーランスとして活躍できる可能性があります。一般企業でも専門家として重宝されるでしょう。

資格取得は難易度が高く、時間や費用もかかりますが、興味や得意分野が明確な方にはおすすめのキャリアプランです。

確実に・効率的に転職するならエージェントを利用しよう

管理部門の転職を成功させるには自分の強みや弱み、志向性などを明確にしたうえでスキルや経験を具体的に示すことが大切です。

管理部門は採用枠が少なく人気も高い職種が多いので、転職エージェントのサポートを受けながら戦略的に転職活動を進めましょう。

 

サービス名 特徴 特に強い職種
BEET-AGENT 年収600万円以上を目指す方におすすめ。管理部門を熟知するアドザイバーが在籍しているため、初めての転職でも安心の対応力。 経理・財務・人事労務
法務・内部監査
MS Agent 管理部門特化型では最大規模の求人数。転職支援の実績も豊富。 経理・財務・人事労務
SYNCA 直応募・スカウト・エージェントサービスから選べる。 人事労務・経理・財務
総務
NO-LIMIT 弁護士の、インハウスローヤーや法務・管理部門統括への転職支援実績が豊富。 弁護士・法務
法務求人.jp 法務・知財・総務職におすすめ。 法務・知財
ビズリーチ スカウト型の最大手。有料サービスを使うことで転職スピード・成功率アップ。 経理・財務・法務
他営業職・マーケティグ等
Hupro 早期転職ならここ。会計領域の専門家など、有資格者にも強い。 会計・税務・経理
人事の転職 企業との太いパイプを持つ、人事専門の転職エージェント。 人事・労務
ジャスネットキャリア 「会計、税務、経理、財務分野」に特化した転職エージェントとして20年以上の運用実績。 会計、税務、経理
財務分野
リクルートダイレクトスカウト 業界大手のリクルートが運営。企業規模や年収にこだわるならここ。 経理・財務・法務
内部監査
ハイスタ会計士 公認会計士の、経理・CFOポジションへの転職支援に強み。 会計士・税理士・経理
財務・CFO候補
リクルートエージェント 総合型転職エージェント大手。求人数・支援サービスの充実度に定評があり。 経理・財務・人事
パソナキャリア 年収800万円以上のハイクラス求人を多く取り扱い、年収アップ率が高い。 経理・人事・IR
JACリクルートメント ハイクラス向けの転職支援に強み。外資系・日系大手の求人多数。 外資法務・経理・財務
doda 【経験1年程度向け】求人の雇用形態が多様で、件数が多い。サイトに転職のお役立ち情報を多数掲載。 経理事務・人事・総務・労務
マイナビエージェント 20代・第二新卒メインの若手人材向け。 経理・人事・広報
お気に入りに追加
お気に入りに追加
会員の方のみご利用になれます。
お気に入りに追加した記事は、
マイページに一覧で保存できます。
この記事をシェア
BackOfficeDB編集部
この記事の執筆者
BackOfficeDB編集部
こんにちは。BackOfficeDB編集部です。 私たちは、管理部門に関する情報発信を専門にしています。 業務効率化や、各職種のキャリアプラン、スキルアップなど、管理部門の様々なお悩みにお答えします。
佐藤 大輝
この記事の監修者
佐藤 大輝

法務部・経理財務をはじめとした管理部門のコンサルタント。不動産営業・管理事務等を経験したのち、バックオフィス専門のアドバイザーとして参画。